断熱材:繊物とバンド

概説:

我々は、高品質の材料から作られている断熱材の織物と重層的なバンドを製作いたします。この製品は断熱材、コンベヤーベルト、又はマンホール・テープです。
これを作る為に使用されている材料は、耐熱のガラス、カオリン、アルミノケイ酸塩、クオーツ、又はアラミド糸です。
重層に入れた糸の絡み合うこと、又は特別な構造のおかげで、我々の製作は密度と剥離抵抗性が高いです。
この織物とバンドは、伝熱の減少の要求、又は高温度で動作している機会と装置で断熱材として使われています。頻繁に保温スクリーン、溶接構造物のアニーリングとして、又は熱源の身近に置いているケーブルとホースを守るために使われています。
高温と低い圧力、又はフランジの擦り切れの場合は、静止の断熱系として使われています。このような使用のために、我々は中部に穴あきされているバンドを作ることができます。この対策のおかげで、バンドを継ぎ手のボルトに取るつけるのは簡単です。さらに、暑い材料と部品を運送する為に、我々のバンドをコンベヤーベルトとして使用されています。
要求があれば、粘着アラミド・ガラスバンドも作る可能性のあります。けれども、接着剤層は、組み立てを簡単にしますが、動作のしたで燃え尽きるということを考えて置いてください。

ガラスの織物とバンド
ガラスの織物とバンドは、ホウ素とアルミノケイ酸塩およびHTガラスから作られています。断熱性能と強力性を改良うる為に縮れられた加工糸のガラス糸は、一束のEガラス繊維です。我々のEタイプの織物とバンドの最大限の耐熱性は650°C, HTタイプのガラスの織物とバンドの最大限の耐熱性は750°Cです。

アラミドのバンドと織物
アラミどのバンドと織物は、ガラスコアを絡み合っている芳香族ポリアミドの切った糸、又はアラミドの長繊維から作った作品です。最高の機械的強度のおかげで、アラミドの長繊維のバンドはコンベヤーベルトとして使用されています。

セラミックバンドと織物
セラミックバンドと織物はカオリン、アルミノケイ酸塩、又は「BIO」アルミノケイ酸塩から作られています。セラミック糸は、ガラスのコアを絡み合っているセラミック繊維から作った作品です。綿花の18%は、プロセス添加剤で、これは動作の初期段階で燃え尽きる可能性があるけど、これはパッキンのパラメーターを変化しません。さらに、繊維は黄銅ワイヤおよびステインレススチールで補強されている可能性のあります。

セラミック糸の中には、下の糸です:

  • カオリン糸:天然カオリンを融解および繊維の離解と言う過程で取り出された繊維です。天然カオリンは、様々な金属の混合を含む可能性のあるので、得られた繊維は色調の可能性、又は、アルミノケイ酸塩より低い適用温度があるかもしれません。
  • アルミノケイ酸塩糸:化学的純度と増加した耐熱性を特徴示すアルミノケイ酸塩繊維に基づいた糸です。高い化学的純度のおかげで、カオリン糸より高温度下で動作できます。
  • セラミック糸“BIO” : 酸化カルシウムとマグネシアの添加のおかげで、生物分解性があるので、生体でも安全です。

Tabsy

Gambit

ul.Wojska Polskiego 16,
58-420 Lubawka

+48 75 74 49 695
+48 75 74 49 696

sekretariat@gambitgl.pl

+48 75 74 49 690

 

Nowości, Wydarzenia -ja