概説 - 補償器と補償器の織物

Rysunek - kompensator

 

 

動作条件、局所的な条件、又はタスクの多様性の原因で、補償器の織物は通常お客様の仕様書したがってデザインされています。長い間動作できる補償器の設計製作のために、下の問題についての詳しい情報が必要です:

 

 

 

 

 

  • 密封されている媒体のタイプは、材料の選択のために極めて重要な情報です。補償器は、排ガスの取り付けでもっとも頻繁に使用されています。その場合は、排ガスの起源、又は化学成分を考慮に入れなければなりません。特にフッ化物化合物と硫黄化合物はアグレッシブな媒体です。極めて高い温度の場合は、可能性のある還元環境は重要な要素です。化学薬品は気相より液相にもっとアグレッシブなので、転部生されている媒体の湿度水準を配慮しながら、凝縮を防ぐような保証機の構造を備えなければなりません。デザインしながら、煤煙、もしくはダストの発生を考慮しなければなりません。固体粒子が発生すれば、この固体粒子の濃度、形、硬度、補償器の位置、又は流れ方向と流速率を配慮しなければなりません。補償器のタイトネスの対して、密封された媒体も重要な基準です。様々な媒体は様々な補償器が要ります。
  • 圧力と流量は、補償器のデザインや材料、や層数などに影響があります。パルスか圧力ジャンプは格別重要です。弊社で製作されている補償器は0.3バーの最高圧力でも動作できます。長い補償機は、高まる圧力および可変圧力に精度が高いです。高い流量は、補償機の摩耗を引き起こしかねません。さらに、層流条件が遅れた場合、非管理パルスの可能性があります。
  • 変位と機械的相互作用の結果で、寸法の変化の可能性と耐久性材料の要求が起こります。かなりの移動の場合は、一つの補償機の変わりに、補償機のセットの要求の可能性があります。分析をしながら、軸圧縮と軸上の拡張や側方変位や角変位やねじれを考慮しなければなりません。変位振幅や変位の頻発、又は同時に起こる移動は同じように重要です。
  • 温度は、規制が難しい要因の一つです。高過ぎる温度の問題ではありません。実の問題は、密封層の加熱を防ぐ同時に、補償機の中の湿気の凝縮を防ぐことです。こんなバランスを取るために、環境温度も考慮すべきです。

 

当カタログの情報は、弊社の長年にわたる製造・使用実を元に作成されています。フランジ継ぎ手の密封特性は取付け方法、運転条件、適用流体など各種要因に影響されるため、掲載データはあくまで概算値であり、保証要求の根拠となる物ではありません。又、製品の導入時には製造者との協議を必要とします。

Tabsy

Gambit

ul.Wojska Polskiego 16,
58-420 Lubawka

+48 75 74 49 695
+48 75 74 49 696

sekretariat@gambitgl.pl

+48 75 74 49 690

 

Nowości, Wydarzenia -ja